メタトレーダーのインジケーター(RCI)について

トップページ メタトレーダー UWSC エクセル(VBA) 指標・戦略 為替レート・チャート

 このページはメタトレーダー(フリーソフト)のインジケータ(RCI)の保存について説明します。
Counter

Last Update:2008/08/20  

トップページ >  メタトレーダー > メタトレーダーのインジケーター(RCI)について

メタトレーダーのインジケーター(RCI)について

 メタトレーダーのRCIインジケーターは、SpearmanRankCorr.mq4( SpearmanRankCorr.zip ※ここから圧縮ファイルをDLできます)という名前です。
 まずは、上記ファイルをメタトレーダーにインストールします。( メタトレーダーのインジケーターを保存するには

画像をクリックすると拡大します

 インストール後、メタトレーダーを再起動させ、インジケーターからSpearmanRankCorrを選びダブルクリックして表示させます。


画像をクリックすると拡大します

  1.  パラメーターの入力でrangeNのValue部分をタプルクリックして数字を変更すれば、希望の期間を設定できます。
  2.  Maxrangeの初期設定値は30です。rangeNの数字を30より大きく取りたい場合はここも同時に変更します。
  3.  レベルの表示をクリックして、追加ボタンを押します。そして0.8と−0.8の数字を設定します。(RCIの上限は1.0(100%)、下限は−1.0(-100%)です。)
  4.  色の設定をクリックして、好みの色を選択します。


画像をクリックすると拡大します

 次に複数のRCI指標を一つの画面に表示させる方法を説明します。
 既に表示されているRCIの画面上にSpearmanRankCorrをドラッグ アンド ドロップします。
 後は先ほどと同じくrangeNの設定と色の選択を行います。
 2つ目以降の指標の組み入れ時には、レベルの表示の設定は必要ありません。

 RCI (Rank Correction Index)については → RCIの説明ページへ




ゲストブックへ

CopyRight(C) MASA 2008 携帯電話をオンラインで購入するとお得に! Yahoo!携帯ショップ