UWSCの活用方法について

トップページ メタトレーダー UWSC エクセル(VBA) 指標・戦略 為替レート・チャート

 このページはWindows自動化ソフトのUWSCについて説明します。
Counter

Last Update:2008/09/04  

トップページ > UWSC

UWSCとは

◆表計算ソフトのエクセルで、マクロ処理(特定の操作手順をプログラムとして記述して自動化する機能)のプログラム言語はVBA(Visual Basic for Application )です。これによりエクセル内の処理を自動化することができます。

 同様にWindows自身をマクロ処理で自動化するにあったっては、UWSCというソフトがあります。これは作成者:うみうみ氏がウェブ上でフリーソフトとして提供しているマクロソフトです。

 Windows自身を自動化するというのは、どういうことかというと、

  1. 指定のWEBサイトにログインして、指定した内容をフォームに入力操作します。
  2. ウェブで得た情報をエクセル等のソフトに返し、VBA等のマクロに自動操作を引き継がせます。
  3. アプリケーションへの特定の操作を指定の時間や他のアプリケーションからの命令に応じて発動し、実行させます。
  4. アプリケーション操作でのエラーを感知し、それに対処します。

  5. 等があげられます。

 UWSCは、操作がシンプルで、作成したマクロスクリプトをテキストで容易に編集でき、関数・制御文で複雑な処理も可能で、なによりフリーという非常にありがたいソフトです。

 また、UWSCを本サイトの最終目的であるFXの自動取引のツールの一つとして使用します。それを利用したメタトレーダー、エクセル、FX会社との相関図は下になります。

img4.gif
  1. (UWSC)エクセルからの発注命令を受け取り、FX業者に発注します。
  2. メタトレーダーのデータを受け取ります。
  3. (UWSC)メタトレーダーへ指令を出し、ヒストリーデータの更新を行います。
  4. (メタトレーダー)DEEサーバーとして、エクセルへリアルタイムの為替情報を送ります。

  5. UWSCへ発注内容を送ります。
  6. UWSCへメタトレーダーのヒストリデータの取得指示を出します。
  7. 他のアプリケーションへの指示終了後に、エクセルをアクティブにしVBAに後の処理を移行します。

 UWSCに関する書籍も発売されているので紹介しておきます。
Windows マクロテクニック
 翔泳社出版 小林シンヤ著 定価1,800円(+税)

※本書の発売は2005年12月なので、最新のUWSCバージョンの機能の一部までは網羅されていませんが、十分参考になります。尚、本書に収められていない機能で役に立つと思われるものは、その都度本サイトのスクリプトを通じて紹介します。


インストール方法
うみうみ屋さん(公式ホームページ)リンクをクリックしてください。

 リンクをクリックして、UWSCをダウンロードします。

 ダウンロードしたUWSCのファイルは圧縮(ZIP形式)されていますので、解凍してください。


UWSCの使い方

◆エクセルからUWSCを起動させるには

◆UWSCからエクセルを起動させるには


参考サイト
oaive.com自動売買研究所

このサイトの管理人の著書も発売されていますので、紹介しておきます。

自動売買ロボット作成マニュアル~エクセルで理想のシステムトレード...

株取引のエクセルでの自動化を目指して書かれた本です。UWSCの記述に関しては、著者のホームページでより詳しく説明されています。

パンローリング社出版 森田圭佑著 定価2,800円(+税)

自動売買ロボット作成マニュアル初級編 (現代の錬金術師シリーズ 45)

上記の書籍の初級版です。

パンローリング社出版 森田圭佑著 定価2,000円(+税)


ゲストブックへ

CopyRight(C) MASA 2008 携帯電話をオンラインで購入するとお得に! Yahoo!携帯ショップ