FX(外国為替証拠金取引)の指標・戦略について

トップページ メタトレーダー UWSC エクセル(VBA) 指標・戦略 為替レート・チャート

 このページはFX(外国為替証拠金取引)の指標(チャネルシステムブレイクアウト)について説明します。
Counter

Last Update:2008/06/29  

トップページ > FXの指標・戦略について> チャネルシステムについて

チャネルシステムとは

 チャネルシステムは、「高値/安値を更新しないと新たなトレンド発生しない」という考えから、 高値の移動平均線(上方バンド)と安値の移動平均線(下方バンド)を利用した分析手法です。
 

【チャネルシステムの計算式】

 チャネルシステムは下記の計算式で求められます。

 n期間の高値の平均値
 n期間の安値の平均値

 非常に簡単な支持線ですので、特に気をつける箇所は見当たりません。ただ、平均を加重平均にしたり、期間の設定が重要かと思います。


【チャネルシステムの売買判断基準】

 両移動平均線に挟まれたエリアを支持帯・抵抗帯として考える事が出来ます。また、「買い方、売り方の心理的な節目」という捉え方も出来ます。一般的にはチャネルよりも価格が上方に位置しているときは「強気相場(買い)」、一方チャネルよりも下方に位置しているときには「弱気相場(売り)」と判断します。


【PIVOTのテンプレート】

◆チャネルシステムのテンプレートその1 chane1



ゲストブックへ

CopyRight(C) MASA 2008 携帯電話をオンラインで購入するとお得に! Yahoo!携帯ショップ